×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

更新履歴

最新の更新はこちらです。
 ※2004年度分はこちら 2005年度分はこちら 2006年度分はこちら 2007年度分はこちら

2008/1/9
 新年明けましておめでとうございま  した(^^;)
 本年もやっぱりいつになったら改装できるか分からない仮設住宅のままでしょうがヾ(^^;)よろしくお願い申しあげます<(_ _)>

 別館の改装中のため、こちらの方になかなか手が回りませんので、今まで出し渋っていた大物ネタ!島津義久・義弘・歳久の母をUP。…「島津貴久の妻」と言っても通りがいまいちなのが悲しい…。

2008/2/12 重要
 連絡用のメールフォームのリンクが切れておりました。
 大変ご迷惑をおかけいたしました。現在は復旧しておりますのでせいぜいご利用下さい。

2008/3/1
 リンクに「妙円寺」様の公式HPを追加。
 また、「藤陽文庫」様が名前を変えて移転していたので修正。→溜の間文庫

2008/3/23
 島津亀寿国上時通女一臺に関して一部修正補足を行いました。
 参考文献に「国分諸古記」、『国分郷土誌』を追加。

2008/3/29
 何とまたまた連絡用のメールフォームのリンクが切れてしまいましたため、 本日から「忍者」のメールフォームに切り替えさせていただきました。
 新メールフォームはこちらの下にあります。
 たびたびご迷惑をかけまして申し訳ございませんでした<(_ _)>

2008/5/8
 北郷時久長女(池上)島津忠清女島津新城に修正補足を行いました。
 参考文献に「末川家文書 家譜」を追加。

2008/5/10
 リンクから「木崎原古戦場」様を閉鎖されたので外しました。お祭り情報自体は管理者の方のブログで見られるようです。

2008/6/3
 おかげさまで20000アクセスを超えました。皆様のご閲覧に感謝申し上げます<(_ _)>
 ※今回は特別イベントはありません(^^;)

2008/7/18
 去年から長らく放置しておりました「関西の戦国島津史跡巡り」、島津以久の墓所「大雲院」の続きをupしました。こちら

2008/8/14
 「関西の戦国島津史跡巡り」、島津以久の墓所「大雲院」の続きをupしました。こちら

2008/8/15
 「関西の戦国島津史跡巡り」、島津以久の墓所「大雲院」更新完了しました。こちら

2008/8/27
 「大雲院」に掲載漏れがあったのでいろいろ補足しました。

2008/9/4
 久しぶりに本体の人物更新を行いました。
 このHPでは超大物?島津忠良の正室です。側室は既にupしていたのですが。
 島津忠良三女を修正補足。

2008/9/6
 島津忠良の正室をupしましたので、今度はその忠良のライバル・薩州家島津実久の正室をupしました。しかも忠良正室の妹だったりします…。

2008/10/4
 1ヶ月ぶりの更新になります。一気に時代が江戸初期に飛んで島津御屋地の孫娘・島津忠倍女(島津久通室)です。若くして没したようですが、その後夫・久道が再婚or側室を取らなかったのは興味深い点かも。

2008/10/11
 薩州家関連の人物が増えてきたので、「薩州家シリーズ」として薩州家関連の女性を集中してupする事にしました。
 まずは島津忠良正室の姉・島津成久(重久)長女(菱刈重副室)です。

2008/10/18
 薩州家シリーズ。島津重久次女(佐多某室)島津重久四女(尼・雪慶院)をup。

2008/10/20
 リンク感応寺様を追加。戦国島津との関わりは薄いようですが、鎌倉時代の島津氏に縁の深いお寺です。ほか、尚古集成館関係のリンクを細々修正。

2008/11/8
 …いきなり更新が途絶えて申し訳ございませんでした。薩州家シリーズ、島津重久六女七女八女をUPしました。

2008/11/15
 薩州家シリーズ。重久の跡を嗣いだ忠興の次女(禰寝清年室)三女(種子島恵時室)をUP。この頃の南九州のそうそうたる武将に嫁いでいるところが、当時の薩州家の権勢を表しています。ところが、薩州家側の資料では何故か嫁ぎ先が明記されておらず、調べるのがなかなか面倒でした。

なお、「種子島恵時」の読みは現在までの調査では不明のため取りあえず「さととき」とふりましたが、「しげとき」「やすとき」「よしとき」の可能性もあります。情報をご存じの方はこちらまでよろしくお願いします。

2008/11/24
 薩州家シリーズ。島津忠興七女(”いせじやう加護”室)をUP。項目中にも書いてありますが、夫になった「いせじやう加護」というのが何者なのかさっぱり分かりませんでした。「いせじやう」というのが官名なのか苗字なのかも不明です。「伊勢尉」…なんて官位名自体存在しませんし、うーむ。

なお、島津忠興には五女と六女も系図から存在が判明しておりますが、「女」ということ以外は全く記述がないため_(。_゜)/項目を作っておりません。御了承下さい。

表紙に戻る 更新履歴(本年度版)へ戻る