×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津御屋地(”二郎相久”室 後 島津朝久室、幼名・千鶴)

天文23甲寅(1554)年〜寛永13(1636)年丙子11月11日<享年83歳>

<略歴>
島津義弘の長女。父・島津義弘と母・北郷忠孝女の離別と母の北郷時久との再婚により、幼少期は北郷家で成長した。一度「二郎相久」なる武士と結婚した。しかし、事情があって離縁させられたらしい。その後、親戚筋(母の伯父・島津忠親の子)に当たる島津朝久の後妻として再婚。しかし、朝久も文禄5年に朝鮮で病死した。1男2女を抱えた彼女はその後、夫亡き後の豊州家を支えるために強引とも言える圧力を弟の家久にかけ続けた。特に、末娘が家久の養女となって松平定行と政略結婚させられたことには非常に不満があったらしい。家久もかなりこの姉には気を使っていたらしく、頻繁に時節の見舞いの手紙を送っている。(「旧記雑録」追録1−427〜432)
島津家の重臣であった北郷三久は異父弟。三久の姉に当たる北郷時久次女(外城)は異父妹。
父・島津義弘の故地であった帖佐の館に住んだことから「御屋地」と称されるようになった(「旧記雑録」後編4−1860、「本藩人物志」島津朝久)。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
天文23甲寅 1554 誕生。父・島津義弘(当時・忠平)、母・北郷忠孝女 「島津氏正統系図」
「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
天文23甲寅
11月18日
(逆算により誕生日をこの日とする説あり) 「旧記雑録」後編1−964、965
永禄元
11月4日
1558 祖父・北郷忠孝が伊東氏との飫肥新山の戦いで戦死する 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
永禄11
7月
1568 15 大伯父・島津忠親が伊東氏との戦いに敗れ、庄内に退去する
この頃父・義弘と母が離縁か?
「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
天正元
3月10日
1573 20 異父弟・北郷三久が誕生する。 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「時久」
(年度不明) 「二郎相久」と結婚するが、まもなく離縁させられる 「旧記雑録」諸氏系譜2豊洲季久「朝久」
(年度不明) 豊州家・島津朝久と結婚する 「旧記雑録」諸氏系譜3豊州季久「朝久」
天正10
1月4日
1582 29 長男・久賀を出産 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
「本藩人物志」島津久賀
(年度不明) 長女(島津忠倍室)を出産 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
(年度不明) 次女(松平定行先室)を出産 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
文禄2
8月2日
1593 40 父・義弘から義母・園田清左衛門女経由で無事を安堵する伝言をもらう 「薩藩先公貴翰」163
文禄3?
8月7日
1594 41 父・義弘から義母・園田清左衛門女経由で無事を安堵する伝言をもらう 「薩藩先公貴翰」165
文禄5
5月1日
1596 43 父・義弘が御屋地のいる平松(現鹿児島県姶良町)屋敷が壊れているため修理させるよう命じる 「薩藩先公貴翰」178
文禄5
7月29日
朝鮮にいる異母弟・忠恒に京都大地震の様子を知らせる 「島津家文書」1407
文禄5
9月12日
夫・朝久が朝鮮で病死する(享年不明) 「本藩人物志」島津朝久 その他多数所収
慶長10
3月19日
1605 52 次女が島津忠恒の名代として江戸に人質に出される
この時忠恒は褒賞を与える旨約束する
「旧記雑録」後編4−23
慶長10
8月9日
次女が松平定行と結婚することが決定する 「旧記雑録」後編4−91
慶長11
6月19日
1606 53 伏見に人質に出されていた次女が島津忠倍(島津忠長・島津忠将次女夫妻の長男)と交代する 「旧記雑録」後編4−227
慶長11 長女が島津忠倍との間にを出産 「旧記雑録」後編4−239
慶長14
5月18日
1609 56 婿・島津忠倍が病死(享年31歳) 「旧記雑録」諸氏系譜3尚久「忠長」
慶長18
11月
1613 60 掛川城の松平定行に嫁いだ次女に説教の手紙を送る 「薩藩先公貴翰」241
元和4
11月8日
1618 64 次女・松平定行室が桑名(現・三重県桑名市)で死去 「旧記雑録」後編4−1556〜1559
元和5頃 1619 65 父・義弘の口添えで島津忠倍女(御屋地孫)と島津久通(島津久元子・島津忠倍甥)を許嫁とすることになる 「旧記雑録」後編5−1062
寛永元
10月14日
1624 70 故・次女の政略結婚に対して今に至るまで何も褒賞がないことを抗議する 「島津家文書」1409
「旧記雑録」後編4−1890
寛永9
6月11日
1632 78 兵の分配に関して、御屋地の知行分の兵は息子・久賀が負担することが決められる 「旧記雑録」後編5−532
寛永13
3月10日
1636 83 弟・島津家久より書状をもらう 「旧記雑録」後編5−907
寛永13丙子
11月11日
死去。法号「実清正真」 「島津家正統系図」
「旧記雑録」後編5−952〜954
寛永21甲申
3月22日
1644 長男・島津久賀死去(享年63歳) 「旧記雑録」諸氏系譜3豊州季久「朝久」
「本藩人物志」島津久賀

天正6年2月頃、島津義久の夢の中に「この時25歳の島津家の女性が毘沙門天の木像を持ってでてきた」という。伊地知季安の傍注に寄れば年齢から逆算すると該当する女性は御屋地しかいないという。なお、義久はこの夢によほど感激したのか、毘沙門天に縁のある京都・鞍馬寺に寺領を寄付している。

島津御屋地の最初の夫「二郎相久」について、2ちゃんねる島津義弘スレ(該当個所のミラーはこちら)にて重要な指摘があった。彼は御屋地の義理の兄の北郷相久ではないか?と言う物である。北郷相久の字は「次郎」であり(「旧記雑録」諸氏系図北郷氏)、同一人物の可能性は高いと考えられる。御教示感謝。
北郷相久に関しては乙守氏女を参照されたい。相久は父・北郷時久と原因不明の不仲となり自殺に追い込まれた人物であり、御屋地ともこれが原因で離縁になったとも推測される。


表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る