×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津重久女(島津実久室、上ノ城、妙朝)

生没年未詳

<略歴>
薩州家当主・島津重久(後・成久)の五女で、甥に当たる島津実久の妻となり、島津義虎を産んだ。史料では実久との間に生まれたのはこの義虎一人だけであり※、彼女は若死にしたと思われる。
『「薩藩旧記雑録」諸氏系図薩州用久』では彼女の別名として「上ノ城」「妙朝」が併記されている。おそらく生前は「上ノ城」と呼ばれ、「妙朝」は法名であろうと推測される。

<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生。父・島津重久、母・不明 「旧記雑録」諸氏系図3薩州用久「成久」
(年度不明) 島津実久の下に嫁ぐ 「旧記雑録」諸氏系図3薩州用久「成久」
天文5年 1536 島津義虎(島津御平夫)を出産 「旧記雑録」諸氏系図3薩州用久「成久」
(年度不明) 死去。法号「妙朝」? 「旧記雑録」諸氏系図3薩州用久「成久」

※実久の長女次女も義虎の姉に当たるという時系列から見て、彼女が母親の可能性が高いが、史料に記述がないため保留する。

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る