×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北郷忠孝女(島津義弘(忠平)室 後 北郷時久後室)

?〜寛永12(1635)年乙亥10月5日<享年不明>

<略歴>
島津家御一門衆でも最も力のあった北郷家の出身。伯父に豊州家当主となった島津忠親がいる。当初、島津貴久の次男・忠平(後の義弘)と結婚するが、これは忠平が忠親の養子となったことによる政略結婚と思われる。ところが忠親が伊東氏の猛攻に耐えきれず、永禄4年には忠平が自らの意に反して薩摩に引き上げることとなり、さらには永禄10年に忠親も庄内に撤退したことにより、忠平との養子縁組も解消された。その結果、この結婚も自然消滅し離婚した模様。その後、従兄弟に当たる北郷時久(島津忠親の長男)の後妻となった。寛永12年まで生きており、恐ろしく長生きだった人らしい。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生。父・北郷忠孝、母・北郷久清女 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
(年度不明) 島津忠平(後の島津義弘)と結婚 「島津家正統系図」
「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
天文23甲寅 1554 長女・千鶴(後の島津御屋地)を出産 「島津家正統系図」
「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
永禄元
11月4日
1558 父・北郷忠孝が伊東氏との飫肥(現宮崎県日南市)新山の戦いで戦死する 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」
永禄3
3月19日
1561 夫・島津忠平が伯父・島津忠親の養子となり飫肥に移住する 「旧記雑録」家わけ2肝付氏「肝付世譜雑録」3
永禄4 1562 夫・島津忠平が島津貴久・義久の要請により薩摩に引き上げる 「旧記雑録」家わけ2肝付氏「肝付世譜雑録」3
永禄11 1568 伯父・島津忠親が伊東氏の猛攻のために飫肥を退去し庄内に移る 「旧記雑録」諸氏系譜3豊州季久「忠親」
(年度不明) 北郷時久と再婚
時久は島津忠親の息子であり、従兄弟同士の結婚であった
「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「時久」
(年度不明) 時久の次女(比志島義智元室)を出産 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「時久」
天正元癸酉
3月10日
1573 時久の三男・北郷三久出産 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「時久」
(年度不明) 時久の四男・北郷久村出産 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「時久」
慶長元 1596 この年、太閤検地により旧来の本拠地である都城から宮之城に転居する。 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「時久」
慶長元丙申
2月3日
夫・北郷時久が宮之城で病死(享年67)
慶長17壬子
10月2日
1612 息子の北郷久村が死去(享年不明)、小原村に葬られる 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「久村」
元和5 1619 最初の夫・島津義弘死去(享年85) 「島津家正統系図」義弘
元和6庚申
4月19日
1620 息子の北郷三久が死去(享年48) 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「三久」
寛永12乙亥
10月5日
1635 死去(場所不明) 法名「玄室妙通大姉」 「旧記雑録」諸氏系譜2北郷氏「忠孝」

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「ほ」に戻る