×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高野山と島津。(福岡藩・黒田家墓所)

軍師「黒田官兵衛」で有名な黒田家の墓所は奥の院にばらばらに点在している。

 黒田家墓所 其の壱
※五輪塔をクリックすると碑文の拡大写真が別ウィンドウで表示されます

一番空海廟に近い場所にある物で、結城秀康廟の近くにある物。
右側の何の変哲もない墓、これが幕末の藩主・黒田長涛の墓である。ちなみに黒田長涛は養子であり、実は島津重豪の子に当たる。


 黒田家墓所 其の貳
※鳥居をクリックすると、額の拡大写真が別ウィンドウで表示されます

これは岡崎藩本多家廟のすぐ隣にある黒田家の墓所で、五輪塔2基が並んでいる。
本多家が五輪塔をとりあえず寄せてみただけというやや荒れ気味の雰囲気なのに対し、こちらは立派。


黒田家の墓は他に前田利長室墓の奥の方などにも点在していました。

表紙へ戻る 関西の島津氏史跡目次へ戻る 高野山と島津。目次へ戻る