×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高野山と島津。(前田利長夫妻墓(三番墓))

奥の院の奥近く、参道に面したところに向かい合って立っている巨大な五輪塔です。
前田利長の墓は奥の院で3番目に大きな五輪の塔であり、「三番墓」と呼ばれています。

 前田利長墓(2005/11/10撮影)
手前にいる拝観者との比較で大きさを察して下さい。


4年前に放送された大河ドラマ「利家とまつ」で伊藤英明が演じた前田利家の長男がこの利長。
慶長4年(1599年)に、父・利家が死んだ後を継いで五大老に任じられたが、徳川家康に目を付けられ圧力をかけられたため、母・まつを江戸に人質に出す一方で家康の孫娘・珠姫(母はお江与の方)を養子・利常(実は利長異母弟)の妻として政略結婚させるなど忍従の人生を送った。

 前田利長室墓(2005/11/10撮影)
利長の妻である織田信長四女(永姫)の墓。奥の院参道をまたいで夫・利長の墓の真向かいに一回り小さい(と言っても2mは越えている)五輪塔がある。父親の墓より立派ですね(^^;)

利長・永姫夫妻の仲は良かったが子供に恵まれず、永姫は夫に勧め側室を何人か迎えさせた。しかしやはり子供が産まれなかったため、結局利長の異母弟・利常を養子に向かえた。夫の死後は金沢城二の丸で尼となって余生を送り元和9(1623)年に没し、野田山墓地(石川県金沢市)の最高地点に葬られた。元主君の姫君と言うことで丁重な扱いを受けたらしい。

しかし高野山には肝心の前田利家・まつ夫妻の墓はないようなんだな…。意外。

表紙へ戻る 関西の島津氏史跡目次へ戻る 高野山と島津。目次へ戻る