×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津久意(実久)女(菱刈重猛室)

生没年未詳

<略歴>
薩州家・島津実久(久意)の長女で、薩摩北部の有力国人・菱刈重猛と結婚した。ちなみに夫の祖母(島津成久長女)は大伯母に当たる。

「菱刈文書」に5通の書状を残す「菱刈大貳」とは同一人物の可能性が高いが、後考を期す。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生 父・島津実久(久意) 母不明 「諸氏系譜」薩州用久 久意長女
(年度不明) 菱刈大和守重猛に嫁ぐ 「諸氏系譜」薩州用久 久意長女
永禄5 1562 長男・鶴千代丸(後の菱刈重広)を産む 「本藩人物志」菱刈重広
「菱刈文書」菱刈氏系図 重広
永禄9
11月8日
1566 夫・重猛死去(享年35歳) 「本藩人物志」国賊伝菱刈重猛
「菱刈文書」菱刈氏系図 重猛
永禄12
1月20日
1569 菱刈氏、島津義久に降伏
本領数カ所を召し上げられた上、重広は祁答院に蟄居
「本藩人物志」菱刈重広
天正2 1574 菱刈一族に謀反を起こす者が多いという理由で菱刈院本城・曽木の旧領から伊集院神殿に転封される 「本藩人物志」菱刈重広
「菱刈文書」菱刈氏系図 重広
慶長4
11月13日
1599 重広、庄内の乱の山田城攻撃に於いて戦死(享年38歳) 「本藩人物志」菱刈重広

「五歳の時に父を喪う」という記述より逆算。

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る