×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

樺山善久女(島津家久室)


天文17(1548)年〜寛永6(1629)年3月22日<81歳>

<略歴>
 島津貴久、義久の重臣であり、歌人としても著名な樺山善久の末娘。義久の弟・島津家久に嫁ぎ、女子3人、男子2人を産む。天正15年に夫・家久が変死したのちは人質として京に上る。関ヶ原の合戦時は伏見にいた模様(「本藩人物志」)。その後、退却する義弘と同行して佐土原に戻った。しかし、息子・豊久の戦死のために佐土原を去らねばならず、晩年は知覧で過ごした。知覧は次女・佐多久慶室の居所であり、次女を頼った物と思われる。
 夫に先立たれ、長男は戦死、次男は「病弱」を理由に家の相続を固持したため、夫の建てた永吉島津家は島津家久(注:島津義弘の息子・旧名「忠恒」)の息子が相続、血統では本家に乗っ取られるような形となった。彼女の後半生は不幸な物であったと思われる。
夫・家久との中は良好だったようで、佐土原撤収の際も夫・家久の為に申し訳ないと踏みとどまろうとした話が伝わる(「旧記雑録」諸氏系譜、「本藩人物志」)。

年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
天文17 1548 誕生。父・樺山善久、母・御隅(島津忠良女) 「諸氏系譜」樺山氏 善久次女
「諸氏系譜」家久 家久長女
(年度不明) 島津貴久四男・家久と結婚 「諸氏系譜」家久 家久長女
永禄9年丙寅 1566 18 長女(禰寝重張室、後離婚)出産 「諸氏系譜」家久 家久長女
永禄10年丁卯 1567 19 次女(佐多久慶室)出産 「諸氏系譜」家久 家久次女
元亀元年庚午
6月
1570 22 長男・豊寿丸(島津豊久)出産 「諸氏系譜」家久 豊久
天正2年甲戌 1574 26 次男・鎌徳丸(島津忠仍(=東郷重虎 後 島津忠直))出産 「諸氏系譜」家久 忠仍(忠直)
天正5
2月3日
1577 29 次男・鎌徳丸を東郷重尚の養子に出す 「諸氏系譜」家久 忠仍(忠直)
天正11 1583 35 三女(島津久信 後 相良頼安室)出産 「諸氏系譜」家久 家久三女
「南藤蔓綿録」巻之九 慶長13年10月4日条
天正15年
6月5日
1587 39 夫・島津家久が変死する(享年41歳) 「旧記雑録」諸氏系譜3家久「家久」
「島津世家」 他多数
天正16年戊子 1588 40 豊臣秀吉の命により、京に人質として上洛する 「諸氏系譜」家久 豊久
慶長5年
9月
1600 52 関ヶ原の合戦後、敗走中の島津義弘に合流し京から脱出する 「本藩人物志」島津忠直
佐土原城で、義弘より長男・豊久の戦死を聞く 「関原御合戦記」
「本藩人物志」島津忠直
佐土原の撤収に抵抗したが、兄・樺山忠助の説得により大隅に引き上げる 「諸氏系譜」樺山氏 忠助
「本藩人物志」島津忠直
慶長13
1月30日
1608 60 島津義弘に有川弥六右衛門を御機嫌伺いの使者として使わす 「旧記雑録」後編4−419「加治木御日記」
寛永6年
3月22日
1629 81 知覧にて死去 法号「蘭香英春大姉」 「諸氏系譜」家久 家久長女

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「か」に戻る