×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

某女(島津義久後室)

生没年未詳

<略歴>
島津義久には島津忠良四女種子島時尭次女の2人の正室が伝わっている。が、「上井覚兼日記」「旧記雑録」などを見ると、種子島時尭次女が亡くなった元亀3年以降も「義久公御簾中」「義久公奥方」などの記述が散見し、ここから推測するに、島津義久には3人目の正室がいたと思われる。
しかし、義久との間に子供が居なかったためか「島津氏正統系図」には名前が見られず、「御家譜」にも記載されていない。義久正室という重要な立場にいながら、出身も生年も没年も墓所も不明という、謎の多い女性である。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
天正16
9月4日
1587 夫・島津義久のお付きの従者に酒をふるまう 「旧記雑録」後編2−510「天正拾六年御日記」
天正16
10月6日
日向国細島近辺で輿に乗っていたところ、秋月氏の家臣・福嶋之夫丸なる者に無礼を働かれる 「旧記雑録」後編2−510「天正拾六年御日記」
天正19
2月
1591 夫・島津義久と連名で開聞山姉姫宮の別当寺の再興を行う 「町田氏正統系譜」久倍 232「開聞山姉姫宮並別当寺再興棟札写」
(年度未詳
9月11日)
9月9日の祝儀として小袖三着を石田三成に贈り、礼状をもらう 「旧記雑録」付録2−275

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る