×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高野山と島津。(恵光院)

一の橋近くにある塔頭の一つです。
 全景
紅葉が綺麗ですなあ…(*´д`)



じ ゃ な く て !
門に向かって左側にかかっている提灯に注目。「丸に十」島津家の家紋と同じである。
この塔頭は寺伝によると島津義弘の寄進によって建立されたという。その後、宮之城島津家出身の島津忠長女(島津豊久室、後町田久幸室)の墓の建立にも深く関わった塔頭である。

しかし、その後高野山の島津家御用達となったのはここではなく蓮金院であった。
蓮金院が明治以降衰亡した後は壇上伽藍近くの正智院が島津家関係の墓所の管理を引き継いでいる。

ちなみに恵光院さんは宿坊をされていますので、宿泊が可能です。奥の院に行くときには非常に便利かも。