×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津朝久女(種子島久時室)

生年未詳〜寛文元(1661)年2月15日<享年未詳>

<略歴>
天正頃の女性。島津朝久の長女で種子島氏当主・久時に嫁いだ。
ちなみに朝久の妻としては島津御屋地(島津義弘長女)が有名だが、彼女の母は御屋地ではなく別の女性である。御屋地の前に先妻がいたのか、それとも側室だったのかは現時点では史料が乏しく不明である。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生 父・島津朝久 母不明 「諸氏系譜」豊州季久 朝久長女
(年度不明) 種子島久時に嫁ぐ 「諸氏系譜」豊州季久 朝久長女
天正19
9月15日
1591 久時長女(後 伊勢貞豊室)を生む 「種子島家譜」十七代忠時
元和元
5月15日
1615 久時長女死去(享年25) 「種子島家譜」十七代忠時
寛文元
2月15日
1661 死去 法号「両足院妙覚」 「種子島家譜」十七代忠時

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る