×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津尚久女(佐多忠常室)

生年未詳〜慶長8(1603)年3月2日没<享年未詳>

<略歴>
島津貴久の異母弟・島津尚久の長女。島津家一門にして重臣の一人・佐多忠常の妻となる。「佐多忠常」は佐多久政(天文15〜天正15年3月14日)と同一人物と思われる。
佐多氏は島津貞久の弟・島津忠光から始まる御一門衆の一つ。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生 父・島津尚久 母・頴娃兼洪女 「宮之城島津家系図」
「旧記雑録」諸氏系譜3尚久
(年度不明) 佐多忠常に嫁ぐ 「宮之城島津家系図」
「旧記雑録」諸氏系譜3尚久
(年度不明
永禄頃?)
1570? 長男・久慶(島津家久次女の夫)を出産 「旧記雑録」諸氏系譜2佐多氏
慶長8
3月2日
1603 死去。法号「長慶清延」 「宮之城島津家系図」
法号別伝「長慶清園」 「旧記雑録」諸氏系譜3尚久

「諸氏系譜」佐多氏、「本藩人物志」佐多久慶にも生年の記載無く、また没したときの年齢が不明のため、久慶の正確な誕生年ははっきりしない。しかし「本藩人物志」では「永禄年中誕生」また「異本に慶長9年に35歳で没という」と言う説を所収しているため、それに従った。

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る