×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

島津勝久女(一台)

生没年未詳

<略歴>
永禄〜天正頃の女性。島津本宗家・14代当主勝久の次女として生まれ、その後豊後に移り、大友新太郎義次の一台役を勤めた。しかし、その最中、末弟の島津宗俊を弟・又四郎と共謀して殺すという事件を引き起こしている。
天正15年、島津氏の豊後侵攻が激しくなると上方へ逃亡した。その後更に転居し、最後は江戸の桜田で死去した。ここは慶長中期以後島津氏の江戸屋敷があったところであり、最後は本宗家を頼ったものか。後考を期す。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 日向真幸院般若寺にて誕生
父・島津勝久 母・某女(犬熊)
「諸氏系譜」亀山氏 勝久次女
(年度不明) 豊後に移住 「諸氏系譜」亀山氏 勝久次女
(年度不明) 大友義次の一台役となる 「諸氏系譜」亀山氏 勝久次女
(年度不明) 末弟・宗俊を弟・又四郎と共謀して某所にて屠殺する 「諸氏系譜」亀山氏 宗俊
天正15 1587 島津氏の豊後攻撃始まる
上方へ逃亡する
「諸氏系譜」亀山氏 勝久次女
(年度不明) 武蔵国江戸豊島郡桜田にて死去 「諸氏系譜」亀山氏 勝久次女

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「し」に戻る