×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

相良長時女(島津忠平(義弘)室?、辺川殿)

生没年未詳

<略歴>
永禄頃の女性か。
大隅の有力国人であった菱刈家に伝わる系図によると、相良長時と菱刈重副の次女の間に生まれた娘が「兵庫頭忠平公」(=島津義弘)に嫁いだが、結局離婚して、その後は帖佐辺川(現・鹿児島県加治木町辺川?)に住み「辺川殿」と呼ばれていたという。
管見では相良家側の文書にこの女性が確認できないのだが、苗字、結婚相手の名前や離婚したと言うことが共通していることから考えると、おそらく相良晴広女・亀徳と混同されているのでは無かろうか。後考を期す。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生 父・相良長時※ 母・菱刈重副次女 「藤原姓菱刈氏系図」菱刈重副次女
(年度不明) 島津忠平と結婚 「藤原姓菱刈氏系図」菱刈重副次女
(年度不明) 忠平と離婚、帖佐・辺川に別居する 「藤原姓菱刈氏系図」菱刈重副次女

※相良長時は肥後球磨の戦国大名・相良家の一族で、相良晴広の父・上村頼興の従兄弟に当たる。

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「さ」に戻る