×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

牧胤親女(島津家久側室、向島?)

生没年未詳

<略歴>
寛永2年、島津家久との間に九男を、寛永4年に十二男を産む。少なくとも万治2(1659)年までは健在だったと思われる。
家久より時期不明ながら手紙をもらっている(「旧記雑録」附録2−724、803〜811)。宛書きは「むかふ嶋」「島にて」となっているものがあり、彼女の雅名は「向島」だった可能性もあるが不明。
牧氏は薩州島津家に仕え、阿久根地頭職を勤めていた一族だが、父・牧源兵衛胤親の系統不明(『「さつま」の姓氏』)
このHPの採取方針から外れるが、島津家久側室と言うことで特別に記載。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
寛永2己丑
6月13日
1625 家久の九男・松千代(後鎌田政統養子・鎌田正勝)を出産 「島津氏正統系図」家久
「諸氏系図」伊集院氏 松千代丸
寛永4丁卯
12月18日
1627 家久の十二男・亀千代(後伊集院久族養子・伊集院久朝)を桜島で出産 「島津氏正統系図」家久
「諸氏系図」伊集院氏 久朝
万治2 1659 この頃までに化粧料200石を賜る 「旧記雑録」追録1 859「鹿府万治高帳」

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「ま」に戻る