×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高野山と島津。(豊臣一族墓所)

奥の院の奥近く、参道の横を入ったところの高台にある。木製の立て看板が参道に立っているので、分かりやすいかと。

(2005/11/10撮影)
※写真をクリックすると一回り大きな写真が表示されます

高台の広い範囲に、余り大きくない五輪塔や宝匡印塔が10基余り点在している。
写真は一段高く設置されている五輪塔(おそらく秀吉の墓と思われる)を中心にして撮った物で、この前面に7基の五輪塔や宝匡印塔、また右手の方に4〜5基ほどの五輪塔がある。

「豊臣一族の墓」と言う説明はありますが、どれが誰の墓なのかは説明が一切無く不明。
木製の柵がされているので、中に入って見学することは不可能である。

この墓石群は和歌山県の史跡に指定されている。

表紙へ戻る 関西の島津氏史跡目次へ戻る 高野山と島津。目次へ戻る