×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高野山と島津。(もう一つの島津家墓所)

薩摩島津家墓所

高さ3m強の五輪塔がかなり狭い場所にひしめいている集合墓です。
高野山の観光地図によってはこちらを「島津家墓所」と紹介しています。確かに間違いではないのですが、こちらの方は江戸時代の藩主5名の墓です。場所はいわゆる奥の院参道の一番入り口の山裾の小高い場所にあります。

正面の鳥居の上の看板
右から「慈徳院(=島津宗信)」「浄国院(=島津吉貴)」「大玄院(=島津綱貴)」「宥邦院(=島津継豊)」「円徳院(=島津重年)」とあります。

※戒名についてはジョアン様の「史料好きの倉庫」を参考にさせていただきました<(_ _)>

表紙へ戻る 関西の島津氏史跡目次へ戻る 高野山と島津。目次へ戻る