×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

禰寝重就女(島津勝久後妻)

生没年未詳

<略歴>
天文頃の女性。大隅の有力国人であった禰寝重就の女で、島津勝久が島津忠興女と離婚した後に向かえた正室。
しかし、彼女が長男・益房丸を産んで94日目に夫・勝久は鹿児島から逃亡したため、彼女も益房丸を抱えて実家の禰寝に逃亡せざるを得なかった。その後、益房丸は飫肥の伊東義祐を頼ったが、母の禰寝重就女の行方は不明である。


<年譜>
年度
(日本歴)
年度
(西暦)
年齢 出来事 出典
(年度不明) 誕生 父・禰寝重就 母不明 「諸氏系譜」亀山氏 忠良
天文4
7月5日
1536 勝久の長男・益房丸(後の島津忠良)を生む 「諸氏系譜」亀山氏 忠良
天文4
8月
夫・勝久が鹿児島より逃亡
重就女も益房丸と共に実家の禰寝に退去
「諸氏系譜」亀山氏 忠良
元和4
11月22日
1618 長男・忠良、大隅高山で死去(享年84歳) 「諸氏系譜」亀山氏 忠良

表紙に戻る 人名索引へ戻る 人名索引「ね」に戻る